スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

かっこ良さとか、周りに合わせるとか結構難しいんよ

2009年06月14日
今日、バンド練に行ったらサックスの人が辞めていた。

もともと3人いて、そこに僕+サックスが入った。
3人は前のバンドから一緒だったわけだから仲が良い。そんな空気に僕はあまり溶け込めなかったので、このサックスの人と良く喋っていたのだが、なんということでしょう。

辞めた理由を聞いてみたところ「方向性の違い」らしい。
良くある理由なので「あらまぁ」と思った。

確かに、方向性の違いって理由も良くわかる。
僕も彼もたぶん、スカをやりたい!と思って入ったわけだけれども、やってる曲はどう考えてもスカとは思えない。
ボーカルの女の人が作ってきてくるので、曲はなんかポップな明るい曲。それにただ無理やり金管を入れてるようなものだ。
どう聞いてみても「やりたかったジャンル」とは思えないでいる。

そんなこんななので、サックスの人は辞めてもしょうがないかなと思う。
僕自身もやりたい曲とのギャップに悩んでいるわけで。
ばっくれることに定評のあるクズ人間の僕ならば、もうやっちゃってもいいかなとも思った。
でも、おそらく僕は辞めないだろう。

確かにやりたいジャンルとはかけ離れているし、別に他メンバーと仲良いわけでもないので、ドラムをやっていて楽しいとは言い難い。
だけれども、やっている曲がオリジナルなので、今までコピーばっかりやっていた僕にはやったことのないもの。
やったことがないので、どこでどうリズムを叩けばいいのか、どんなフィルを入れればいいのかが全くわからない。
わからない、叩けない、自分かっこ悪い。そう思うと、とてもじゃないが辞める気になれない。

正直、オリジナルなんて別にデビュー目指すわけじゃないから考えなくてもいいことだけれども、やっぱりドラムでできないというのは悔しい。
その悔しさ、よく言えば向上心が僕がこのバンドを辞めない理由だと思った。

どんな場所であれ、とりあえず学べるところからは逃げずに学ばないといけない。

てことは、オリジナルが作れるようになったら辞めるってことなのですがね☆(テヘ

人気ブログランキングへ
思うこと | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。