スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

東のエデン レビュ

2009年06月07日
東のエデン見ました。

とりあえず、1、2話の感想。


やばい、面白い。こんなアニメ見たことない。
もう、形容できないです。
この時点で神アニメだと認定されました。

いつも、見たアニメを神だ、最高だと言っているので軽く思われるでしょうが、1,2話だけでこんな気分になったのは初めてです。

まず、背景の良さ。
本当に綺麗で作りこまれているので、まるで映画を見てるかのよう。
普通に映画として出しても良かったんじゃなかろうか。どこにこんな予算があるのか謎です。

キャラクターは、ハチミツとクローバーの作者の羽海野チカさんがデザインしたようです。
個人的に、この人の絵はとても好きなので素晴らしく良いと思いました。
さっき言ったように、背景が綺麗すぎるので、若干キャラが浮き気味ですが、このキャラデザも癒されるので見ていてとても楽しいです
まず羽海野さんデザインってことで見ようと思ったのですが、見始めて本当に良かった。

声もキャラクターに合っているので違和感はありません。
主人公(ヒロイン?)の声とデザインの良さで好感がもてます。

このアニメはどう見ても萌えアニメじゃありませんね。
どこに萌えを見出すのかって話と展開だと思います。
個人的には、主人公がとても可愛いと思うのですが、どうなんでしょう。
宮崎映画のヒロインのような愛着があります。可愛らしいというか、なんというか。


良作すぎて、見ている最中「やべぇ、今すぐブログにこの興奮を書きてぇ」と何度も思いました。

まだ見てない人は、1話だけでも見てみることをお勧めします。感動しますから。
読書・アニメ | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。