スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ドラム解説

2009年04月16日
どうも、パラディドルも出来ない、リズムキープすら危ういヘタレドラマー@メランコです。

そんな僕が、今日はドラムのランク付けでもしてみようと思います。
基本的なドラムとシンバルの解説&ランクです。
完全、主観ですが、そこまで間違ったことは書かないと思うので、興味ある人は是非。


【ランク】仏>神>S>A>B>C>D
〔使用頻度〕あらゆるジャンルや曲で、どれだけ使われるか
〔バリエーション〕どれだけ、違う音色を出せるか・テクニック介入の余地があるか


──ドラム解説──

スネア・ドラム 【ランク】仏  〔使用頻度〕神 〔バリエーション〕仏
言わずも知れたドラム界のスーパースター。こいつがいれば、他のドラムなんて捨て去っても大丈夫と言っても過言ではない。その豊富なバリエーションは、まさに仏ランク。
このスネアを使いこなせれば、本当に色々な音色が出せる。
強弱、キレ。リムショット、ロール。うまい人だと、ふちをカチカチと心地良い音まで出せる。
逆に、スネアを理解してないドラマーはもぐり認定を受けてしまう。


バス・ドラム 【ランク】神  〔使用頻度〕仏 〔バリエーション〕B
低音を効かせてくれる、どんな曲でも絶対に使うというか、これがないとどうしようもないドラム。
使用頻度は仏ランクなので、右足はバスドラム専属のものになってしまう。
使える体は4本しかないので、その1本をこのドラムのみに使うという点で重要度は高いのはわかるだろう。
バリエーションは、ほぼ単発だけなのだが、2つ打ちだったり、うまい人になると、ずっと連打で踏む人まで出てくる。


ハイ・タム 【ランク】B  〔使用頻度〕A 〔バリエーション〕C
スネアの前に、二つ並んでるドラムの片割れ。1タムとも言う。
主に、曲にアクセントを付けたり、フィルインに用いられる。
スネアのすぐ上ということで、他のタムより使い勝手も良かったりする。


ロウ・タム 【ランク】C  〔使用頻度〕C 〔バリエーション〕C
スネアの前に、二つ並んでるドラムの片割れ。2タムとも言う。
使い方は基本1タムと一緒なのだが、スネアの右上に位置し、音の高さも中途半端なので、あまり積極的には使われない。
ジャズだったら、取り外されてライドを置かれてしまったりする悲しいやつ。
ロックやメタルで、クラッシュ2枚以上置く人の場合は繋ぎとして叩くときもある。


フロア・タム 【ランク】C 〔使用頻度〕B 〔バリエーション〕C
タムや、両手で叩く中では一際大きいドラム。その大きさから、バスドラムに近い音を出す。
バスドラムだけじゃ追いつかなかったり、低音を効かせたいときに使う。
その大きさから、セットから取り外されることはないが、使う場所は限られる。
叩くときは、腰を右に捻る必要があるので、使いたいときにすぐ使えるようになるには、多少の練習が必要となる。


──シンバル解説──

ハイハット・シンバル 【ランク】仏  〔使用頻度〕神 〔バリエーション〕仏
言わずも知れたシンバル界のスーパースター。こいつがいれば、他のシンバルなんて捨て去っても大丈夫と言っても過言ではない。その豊富なバリエーションは、まさに仏ランク。
このシンバルを使いこなせれば、本当に色々な音色が出せる。(ここまではスネアと一緒)
ぴっちり閉じて叩く、軽く開けて叩く。開けっ放しでクラッシュ音。左足と連動でキレのある音。カップ打ち。リズムキープ。・・・など、バリエーションは挙げればきりがない。
逆に、ハイハットを理解していないドラマーはもぐり認定を受けてしまう。

クラッシュ・シンバル 【ランク】S  〔使用頻度〕神 〔バリエーション〕C
曲の入りだったり、メロディーの入りに使われる、アクセントを付けるには無くてはならない存在。
ただ、ぶっ叩くだけのバリエーションの少ないシンバルと思いきや、チップで叩けば綺麗な音も出すし、シュワシュワならしたり、すぐ左手で止めてキレを出したり、色々と使えたりもする。

ライド・シンバル 【ランク】A  〔使用頻度〕S 〔バリエーション〕C
右側にある、一際大きいシンバル。綺麗な音を鳴らすので、いろいろの曲でよく使われる。ジャズでは、スィングで使うので欠かせない存在。カップもカウベルみたいな心地良い音を鳴らす。
大きいため、クラッシュのように叩くと、グワングワンいってあまり使えるものではない。

スプラッシュ・シンバル 【ランク】D  〔使用頻度〕D 〔バリエーション〕D
直径30cmくらいの、一番小さなシンバル。叩くと、軽い・小気味の良い音を鳴らしてくれる。
普通のドラムセットでは置かれない、限られた曲でしか使われないので、この評価。ドラムソロの多い、フージョンやロックでは使われることがある。
評価は低くしたが、個人的には音がとても好き。


基本的なドラムセットはこれくらいです。
他はランク分けする必要もなく、使用が限られてるものでしょう。

ということで、上を踏まえたランク分けを。

【仏】スネア・ドラム ハイハット・シンバル
【神】バス・ドラム
【S】クラッシュ・シンバル
【A】ライド・シンバル
【B】ハイ・タム
【C】ロウ・タム フロア・タム
【D】スプラッシュ・シンバル


分布はこんな感じでしょうか。
1時間かけて書いただけあって、結構な自信作。

上位、3つ(仏神ランク)だけあれば、十分聞かせられます。
路上でコンパクトにやってる人はこれだけだったりします。
ランクの低いものは使えないということはなく、どこでどう使うが重要なので、必要あるなしは曲によって変わるでしょう。
音楽・ドラム | Comments(2)
Comment
参考にさせていただきます!!!
 スネアの叩き分けも出来ないのにタム回しなんてやってる場合じゃねえ!!
という訳で、電ドラでどこまで強弱が反映されるかわからないけど、
スネア、ハイハット、クラッシュ、ライドをメインに一から出直しますww
生で叩くのが一番かと思うけどw
電子ドラムだったら、叩き分けより、スティックコントロールメインで練習になるのかなぁ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。