スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

親を殺したいほど嫌い

2009年09月01日
いい加減、母親がうるさすぎまして、そろそろ自我が崩壊しそうです。

昨日も深夜3時まで、ぐちぐちと文句だかわけわからないことを言われ精神的におかしくなりそう。

さすがにこのままじゃ、「母親を殺すか、自分が死ぬか。」みたいなレベルまで来ていたので、ネットで色々調べてみました。

結構、うちみたいな親がいることがわかって、ちょっと安心したような気がしました。

・他人と比べることしかしない
あんたは馬鹿だと言う。上の人と比べて子供を貶す。

・自分の非は一切認めない
自分がどんなに矛盾していることが言っても、認めない。
矛盾点を突いても、正当化することしか言わないので、埒があかない。

・「あんたなんて産むんじゃなかった」
これ小学校のころ言われました。

・「ここまで私が育てたんだから、感謝しなさい。」
条件付の愛情ってやつです。始めから見返り求めてるんだったら、産むな。


こういう親が結構多いことがわかりました。
でも言ってみれば、親というものはこういうものでしょう。

それは、僕もわかりますが、それにも限度ってのがあります。

うちの場合は限度は余裕で通り越しています。
こういう親を持った子供に対して、
「それは子供としては我慢するのは当たり前だ。甘えだ。」
という人がいるでしょう。
だったら、逆に言ってやりたい。
お前は、うちの親のひどさを知らないからそう言えるだけだ、と。
何十年も耐えてるわけで、一般家庭で育った人だったらすぐに発狂するレベルだと思います。

小学校のときから褒められた記憶がありません。貶されたり怒鳴られたりしたこと幾度となくあります。
小5までリレーの選手で、小6ではリレーの選手になれなかったとき、「最後でリレーの選手になれないなんて、今までの全部無駄だね。」と言われました。
マラソン大会で高順位になっても、なんら労わりの言葉さえありませんでした。

風呂に入ってるときに、急に入って来られて、水をかけて追い返したら、その後パジャマ着てるときに水ぶっかれられました。

中学校では、灰皿で頭殴られて、病院行って縫いました。

受験勉強頑張ってるときに、「あんたは頭悪いんだから、そんな志望校諦めな。」と散々言われました。

まぁ、挙げれば切りがないですが、ざっと思い返してうちの母親はこんな感じでしたね。

こういう親に育てられた子供は、アダルトチルドレンという精神病になる確率が高いそうです。
僕は、100%このACになってます。
昨日、調べて初めて気づきました。

親を殺したいほど憎い人は、ACになってる可能性が高いので自分で色々調べてみることをお勧めします。
僕も、自分なりに克服していこうと思うので、思うことがあったらまた書きます。
人気ブログランキングへ
思うこと | Comments(2)
Comment
No title
初めまして、threeといいます。

ひどい親ですね……。
親と離れて暮らした方が涼さんにとって良いと思います。克服できることを願ってます。
No title
コメントありがとうございます。

離れて暮らせればいいのですがねぇ・・・。
母親は地獄の底まで付いて着そうで、逃れられそうにありません;w
普通の家庭というものが、本当に不思議で羨ましく思えるものです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。